なんとなく体の調子が悪い、食欲がなく眠れない、不安を常に感じるなどの症状が現れた時は心の病気の可能性があります。そんな症状の時には心療内科を受診することをお勧めします。心療内科ってどんなところ、歴史やどんな治療をするかなどを紹介します。

診療内科とは

心療内科は心理的な要因での体の不調を主に対象としていますが、一般的な内科の治療も行っています。そのため不調の原因がどこにあるかを特定することができ、原因が心にある場合は心の病に対応した治療を実施します。ここでは心療内科がいつ誕生したか、心療内科の定義やよく勘違いされる精神科との違いなどを説明します。

心療内科の歴史

心を専門に扱うクリニックとして心療内科を受診する人が近年、増えています。しかし「精神科との違いがよく分らない」という人も少なくありません。心療内科と精神科は、どちらも心に起因する症状を治療する診療…

心療内科の定義

心療内科とよく耳にするけど精神科とどのような違いがあるの?と疑問に思っている人がいるのではないでしょうか。心療内科と精神科の違いは、専門性にあります。心理的な要因によって引き起こされる症状である心…

心療内科と精神科の違い

社会的・心理的な要因によって引き起こされる「心身症」を対象とします。「心身症」とは、ストレスによって生じる頭痛、腹痛・下痢、胃潰瘍、全身の倦怠感などといった身体疾患です。専門科で特に異常がみられな…

心療内科での治療の進め方

心療内科での心の治療はどんなことをするのか、いきなりきつい薬を処方されることはないかなど不安に感じる方もいます。不安を感じることなく信頼感を持って安心して治療を受けることが、治療効果を上げることに繋がります。ここでは基本的な治療の流れを説明します。

心療内科での治療方法

心療内科で受ける診療方法のひとつに、「薬物療法」があります。精神的な病が原因で生じた、体の疾患に効果が期待できる薬物の投与に加えて、心の状態を改善させる効果が期待できる、薬を投与します。例えば不安…

心療内科での治療にかかる期間

心療内科での治療に掛かる期間は、人それぞれの病状や本来の気質、生活環境などによって大きく異なります。一般に、一時的な不眠症や気分障害などは、経験豊富な心療内科の医師のもとで投薬治療やカウンセリング…

心療内科で処方される薬について

心療内科によっては、薬物療法を行わず、行動療法に徹しているクリニックもありますが、行動療法と薬物療法を併用している現場が少なくありません。行動療法は、カウンセリングや患者の日記の記載などが必要で、…